バイポーラ高周波ナイフ Jet B-knife®

特性・特長

バイポーラ高周波ナイフ Jet B-knife®

針出長を固定化することで手技時間の短縮をめざしました。
さらに注水機能によって病変部のクリアな視界を確保し、切開性能の持続を図りました。

カタログダウンロード

バイポーラ高周波ナイフ Jet B-knife<sup>®</sup>

特長1

長年にわたりバイポーラスネアで培った構造を採用し、切れ味の向上と消化管穿孔回避を追求しました。
また病変部周辺組織への熱損傷を低減したESDの処置が可能となります。

特長2

先端の針を1.5mmと2.0mmの長さで固定することで先端長の調整が不要となり、手技に集中できることによる処置時間の短縮を図りました。

特長3

注水機能を採用することにより、病変部のクリアな視界を確保できます。
また針先端への組織片付着などを洗浄することにより、切開性能の持続が図れます。

イメージ図

仕様

バイポーラ高周波ナイフ Jet B-knife<sup>®</sup>仕様

Copyright © ZEON MEDICAL INC. All rights Reserved.