ご挨拶・企業理念

ご挨拶

代表取締役社長 柳田昇

ゼオンメディカルは1970年代からの人工腎臓、続いて補助人工心臓の研究をしていた日本ゼオン株式会社の医療事業を継承して、1989年に該社の100%子会社として設立されました。以降、主に循環器系、消化器系の医療機器の開発・製造・販売を行うユニークな国産メーカーとして社会貢献に努めてまいりました。
医療を取り巻く環境が大きく変化する中で、当社は人の生命を守るだけでなく生活の質向上を目指します。独創的な技術を用いた自社開発製品と、国内外の最先端技術・製品の両輪で大きく飛躍してまいります。
当社は、社員ひとりひとりが使命感をもって、医療従事者の方々が安心してご使用いただける、高品質な製品をお届けできるように愚直に取り組んでまいります。

ゼオンメディカル株式会社
 代表取締役社長 柳田昇

企業理念

『医療機器の提供を通じて人々のQOL向上に貢献し、
会社の財産である社員が誇りとよろこびを共有する』

QOL向上=クオリティ・オブ・ライフの向上(健康回復と活力のある生活の維持・向上)

コンプライアンス活動

CSR 基本方針
  • コンプライアンスを徹底し、社会の安全・安心に応える。
  • 企業活動を通じ、社会の持続的発展と地球環境に貢献する。
  • 一人ひとりが CSR を自覚し、行動する。
企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

ブランド

自社ブランド

ロゴ

ZEON MEDICAL EXCELLENCE

ZEONのZを「未知への挑戦」を表すXに置換え、医療機器事業への積極的な取組の意をこめました。

Copyright © ZEON MEDICAL INC. All rights Reserved.