ゼオステント® カバード

特性・特長

ゼオステント® カバード

コンフォーマビリティを追求したレーザーカットタイプのカバードメタリックステント

カタログダウンロード

ゼオステント<sup>®</sup> カバード

バランスを追求したカバードステント

  • アキシャルフォースとラディアルフォースのバランスにこだわり、ストレートニングの軽減とコンフォーマビリティを追求しました。
  • 特長のあるステント形状により留置安定性の向上を目指しました。

目的部位に合わせたステント留置

  • ショートニングがほとんどなく、リリース前に透視下で留置位置を 確認できます。
  • ステント長さを1cm刻みで品揃えすることにより、必要な部位に ステントを留置できます。

ステントカバード膜の強化

  • ステント内腔のカバード膜を改良し、以前よりも強度が増しました。
  • スラッジ付着の軽減を目指して、カバー膜の内腔を スムースコート化しました。

経皮タイプをラインナップ

  • 経皮タイプは操作部をYコネ仕様にしました。

確実で正確なステント留置を追求

  • ハンドル操作によりリリースを容易に行えます
  • 固定チューブにより操作時の位置ずれを防止することができるので、目的の場所にステントを留置することが容易になりました。
操作の様子
  • デリバリーカテーテルのブレードレス化、黒色のデリバリーマーカにより、ステント末端が見やすくなり、ステントの位置合わせが容易になりました。
デリバリーカテーテル

仕様

ゼオステント<sup>®</sup> カバード仕様

Copyright © ZEON MEDICAL INC. All rights Reserved.