ゼオステント® プラス

特性・特長

ゼオステント® プラス

デリバリーシステム(内視鏡用)の6.8F(2.3mm)への進化により胆管への挿入性、狭窄部位突破性が向上

カタログダウンロード

ゼオステント<sup>®</sup> プラス

デリバリーカテーテルのシステム化

デリバリー外径は6.8F、細くてもプッシャビリティを保持しています。

先端チップのテーパー化

ガイドワイヤと先端チップ、インナーカテとアウターカテの段差を小さくしました。
先端チップをソフトな材質でテーパー化することにより追従性が向上しました。

先端チップのテーパー化

正確で確実なステントリリースを目指したデリバリー

  • 先端部を柔軟にすることで、ステントのリリース性を安定化しました。
  • ブレードチューブ採用により耐キンク性の向上とチューブの伸びを抑え、ステントのリリース性を高めました。
  • カテーテルの先端ブレードレス化と黒色マーカーにより、ステントの末端が見やすくステントの位置合わせが容易になりました。
操作の様子

内視鏡用の操作部は2タイプを品揃え

症例に合わせて操作部タイプを選択できます。

拡張力と柔軟性にこだわったステント

バランスを追及したナノスチール製ステント
  • アキシャルフォースを抑えることにより、屈曲した胆管にもフィットしストレートニングのリスクを軽減しました。
  • 胆管へのストレス軽減の為、拡張力を保持しながらラディアルフォースを適度な値に制御しました。
  • ショートニングはほとんどありません。
Zブリッジ構造

円周方向に3個のZブリッジで接合されています。Zブリッジはステントの変形を吸収し、耐キンク性と強度が向上しました。屈曲部位での内腔の確保を目指しました。

Zブリッジ構造
ラウンドエッジ構造

ステントエッジ形状に円状のラウンドエッジ構造と滑らかなエッジ加工を施すことで生体への刺激を緩和させます。

ラウンドエッジ構造

×200倍

ゴールドマーカー

8個のゴールドマーカーがステント両端にあります。X線透視下における視認性が高く、ステントの位置確認が容易に行えます。

Zブリッジ構造

仕様

ゼオステント<sup>®</sup> プラス仕様

Copyright © ZEON MEDICAL INC. All rights Reserved.