採用情報

自分の企画力やアイデアを
活かせる環境、
主力製品の
プロモーションを担当し
やりがいを実感しています。

マーケティング部 循環器グループ
Y.K.氏

入社のきっかけ、動機を教えてください。

まだ私が社会人になる前に親を亡くした経験があり、そのときの体験から医療の世界に興味を持ちました。その漠然とした思いを抱きながら月日が流れ大学院に進学する際に「これからは医療だ」と考え、大学院では医学研究科で医工学を専攻し、血流のシュミレーションなどを利用して血管内デバイスの研究をはじめました。その研究を進めていくうち「本格的に血管デバイスを開発したり企画したい」という思いが強くなり、ゼオンメディカルに入社することになったわけです。

現在の仕事内容について教えてください。

説明する社員5

当初は研究所で製品の開発に携わる仕事をしていましたが、現在はマーケティング部で、血管内デバイス、診断デバイスのプロモーション業務を担当しています。具体的には、医療関係の展示会、医学関連の学会、著名な先生方を招いて行うセミナーの開催準備をはじめ、営業部へのマーケティングマティリアルの提供、新製品の企画書づくりなどを幅広く行っています。また医療機関からの製品に関する問い合わせに対応することも業務です。いろいろな方法で自社製品を広くアピールしたり、他社製品の情報を収集したり、仕事は多岐にわたります。

仕事の魅力、やりがいを感じるときは?

ゼオンメディカルの主力製品であり、医療現場においても注目度の高い血管関連製品FFRのプロモーションを担当していますので、とてもやりがいがあります。医療の最先端に触れながら自分のアイデアを活かせたり、企画・プロモーションができるので、充実感もあります。また仕事上、医療現場の先生と情報交換することも大切です。そこでさまざまな要望を直接聞くことができ、新製品の開発に繋がることもあります。弊社のマーケティング部は、医療現場を熟知している営業職経験者や、専門技術を習得している研究所出身者がいるため、多角的な視点から製品をとらえることができ、お互いに協力し合ってプロモーションに生かせる強みがあります。

電話をする社員5

仕事を進めるうえで心がけていることは?

プロモーション業務という立場ですが、「顧客は患者さん」という意識を第一に、仕事に向き合っています。いつも「自分の家族に使用されたら」という視点を忘れないように心がけています。医療デバイスとして安全であることはもちろんのこと、使いやすいか、誰にでも同じように使えるか、そして医療経済性など、製品がどんどん進化しても常に「あるべき姿」を意識して仕事を進めています。

ゼオンメディカルの魅力を教えてください。

社員5の2つの写真

最近は、新たに入社する社員が増え、会社全体にエネルギーがあり活気ある雰囲気です。そして明るく開かれた職場環境ですから、自分の意見も言いやすいですし、やりたいことを実行させてくれることも数多くあります。さまざまなことにチャレンジでき、自分の可能性を広げてくれる会社です。志しの高い人、やる気のある人、そんな人達と一緒に仕事をしたいと思っています。

Copyright © ZEON MEDICAL INC. All rights Reserved.