ゼオンメディカル
MAIN MENU
学会情報
企業情報
プライバシーポリシー
プレスリリース
採用情報
お問い合わせ
アクセス
ケースレポート
ホーム
サイトマップ
サイトご利用上の注意
日本語 English
Powered by Accela BizSearch
ホーム 製品情報 消化器系 ポリペクトミー関連 けん引クリップ
けん引クリップ
戻る
特性・特長 仕様
特性・特長
けん引クリップ
けん引クリップ
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)の視野確保と
手技時間短縮を目指して

カタログダウンロード

特長
  • ゼオクリップ®の技術を踏襲した簡便な操作で、粘膜の把持が可能となります
  • バネ効果によって病変を継続的にけん引する事により、剥離面の視野確保が容易になります。
  • 常に病変がけん引されているため潜り込み操作が軽減され、安全かつ短時間でのESDの施行が期待できます。
使用方法
1.

必要に応じて病変真対側の粘膜壁にマーキング後、病変周囲を切開し、粘膜端のけん引したい部位にS-O clip を装着する。

2.

通常のクリップを挿入しループ部に掛け、1 8 0 度程度クリップを回転させる。

3.

S-O clip をけん引して、病変真対側やや肛門側の粘膜壁に装着する。

4.

切除後にループ部を高周波ナイフのスパークでカットして病変を回収する。

このページのトップへ 戻る
Copyright (c) ZEON MEDICAL INC.All rights Reserved.