ゼオンメディカル
MAIN MENU
学会情報
企業情報
プライバシーポリシー
プレスリリース
採用情報
お問い合わせ
アクセス
ケースレポート
ホーム
サイトマップ
サイトご利用上の注意
日本語 English
Powered by Accela BizSearch
ホーム 製品情報 消化器系 ポリペクトミー関連 ゼメックス バイポーラスネア B-Wave®
ゼメックス バイポーラスネア B-Wave®
戻る
特性・特長 仕様
特性・特長
ゼメックス バイポーラスネア B-Wave<sup>®</sup>
ゼメックス バイポーラスネア B-Wave®
進化を遂げたゼメックスバイポーラスネアB-Wave®設計思想にこだわった新しい機構のバイポーラスネア!

カタログダウンロード

バイポーラスネアの特長
穿孔の危険性が少ない。
ポリープ周辺組織への熱損傷が少なく、病理診断に有利。
ポリープ先端が消化管壁に接触していても熱傷が生じない。
対極板が不要なため、熱傷の危険性が少ない。
ペースメーカー患者にも使用できる。
ワイヤ電極を従来の二極構造から一極構造にしました。
従来型に採用されていた絶縁用先端セラミックチップをなくし、一本のワイヤ構造にしました。このことにより従来型で希に見られた組織の巻き込みによる「切れ残り」現象をなくし、「切れ残り」に起因する出血が軽減されます。
対極をシース先端に設けた新機構を採用しました。
B-Wave®の電気の流れは、ワイヤ(組織切除面)からシース電極に向けて通電されます。このため、「片切れ」現象がなくなり、均ーできれいな焼灼が得られます。
この機構では、両電極の「面積差」を利用した原理を応用し、ワイヤ電極にゼオンメディカル独自のコーティング技術を加えることにより、組織切断に必要なジュール熱の発生をワイヤの電極のみに集中させることに成功しました。
シース内に設けられたチューブによる絶縁構造。
B-Wave®では二つの電極がシース内のインナーチューブで絶縁されています。この構造により、両電極の絶縁がワイヤ形状に左右されることなく行われます。
ゼメックス バイポーラスネア B-Wave<sup>®</sup>
代表的なスネア形状
ゼメックス バイポーラスネア B-Wave<sup>®</sup>
組み立て式のバイポーラシステム
シース電極を採用することでワイヤが一本構造となり、組み立て、分解が可能となりました。これによりワイヤ交換が容易にでき、またシースは洗浄することで再使用も可能となり、経済的です。
このページのトップへ 戻る
Copyright (c) ZEON MEDICAL INC.All rights Reserved.