ゼオンメディカル
MAIN MENU
学会情報
企業情報
プライバシーポリシー
プレスリリース
採用情報
お問い合わせ
アクセス
ケースレポート
ホーム
サイトマップ
サイトご利用上の注意
日本語 English
Powered by Accela BizSearch
ホーム 病気と治療法について
病気と治療法について
胆道 胆嚢疾患
戻る
胆石症とは
肝臓では毎日約1リットル以上の胆汁がつくられて十二指腸内へ排泄されています。胆汁の主な成分は胆汁酸、胆汁色素です。これが胆道という1本の管を通って肝臓から十二指腸へ流れる仕組みになっています。胆嚢は独立した袋状の臓器で、胆嚢管という細い管で胆道につながっていて、胆汁は一旦胆嚢に貯留され、貯留されている間に濃縮されます。そして胃から十二指腸に食事が通る刺激によって胆嚢が一気に収縮すると胆汁が排出されます。胆道のうち、肝内にある部分を肝内胆管、肝から胆嚢管の接続部までを総肝管、接続部から十二指腸に至る部分を総胆管と呼んでいます。

胆石症とは何らかの理由で胆汁が結晶を作ることにより結石を作ってしまう病気です。主成分により結石にはいろいろな種類がありますが、結石の存在する場所によって、肝内結石症、胆嚢内結石症、総胆管結石症となります。

主な症状は、右上腹部痛、発熱、吐気、黄疸です。しかし胆石を持っていても、8割前後の人は全く症状がありません。また腹痛は食後に現れることが多く、特に生卵や油っこい食品を食べたときに生じやすい傾向があります。なお腹痛は、重苦しい感じや違和感であり、激痛の発作が生じることは稀です。ただ、胆石が胆道に詰まり、急性炎症を起こした場合には、発熱、黄疸、肝機能障害なども生じ、急性膵炎や敗血症などの重篤な状態になることもありますので、注意が必要です。
検査には、腹部超音波検査、レントゲン、CT検査、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、MRCP(磁気共鳴胆管膵管造影)などがあります。

胆石症の治療法は、胆嚢摘出術の適応であれば内視鏡下胆嚢摘出術が選択されますが、困難な場合は、開腹術になります。症状によっては、体外衝撃波砕療法、胆石溶解法、内視鏡的砕石術などが選択される場合もあります。

戻る
Copyright (c) ZEON MEDICAL INC.All rights Reserved.