ゼオンメディカル
MAIN MENU
学会情報
企業情報
プライバシーポリシー
プレスリリース
採用情報
お問い合わせ
アクセス
ケースレポート
ホーム
サイトマップ
サイトご利用上の注意
日本語 English
Powered by Accela BizSearch
ホーム 病気と治療法について
病気と治療法について
虚血性心疾患 (=冠動脈疾患)
戻る
狭心症
心臓の筋肉(心筋)は全身に血液を常に送り出すために絶えず酸素やブドウ糖を多量に含んだ血液を必要としています。心筋に血液を供給する血管のことを冠状動脈といいます。冠状動脈の血管内側にコレステロール等がたまると動脈硬化が進んで血管内が狭くなります。そうすると運動したときなどに必要な量の血液を心臓の筋肉に送れなくなります。

症状としては胸の部分が締めつけられるような痛みに襲われますが、これを狭心症といいます。検査では通常、大腿動脈(足の付け根)、上腕、手首のいずれから特殊なカテーテルを用いて冠状動脈内に造影剤を注入し、シネ装置というX線透視下において冠状動脈の狭窄の度合いを調べます。

治療ではやはり特殊なカテーテルを用いて狭窄部位を拡張(経皮的冠動脈形成術:PCI)し、場合によってはステントという金属の金網を狭窄部位に留置して再狭窄が起こらないようにします。また、冠状動脈の狭窄部位や狭窄の具合によっては冠状動脈バイパス手術(CABG)を行う場合もあります。
戻る
Copyright (c) ZEON MEDICAL INC.All rights Reserved.