ゼオンメディカル
MAIN MENU
学会情報
企業情報
プライバシーポリシー
プレスリリース
採用情報
お問い合わせ
アクセス
ケースレポート
ホーム
サイトマップ
サイトご利用上の注意
日本語 English
Powered by Accela BizSearch
ホーム 企業情報 会社概要
企業理念 ごあいさつ 会社概要 研究開発と品質管理 日本ゼオングループ アクセスマップ 採用情報
会社概要
設立 1989年5月1日
資本金 452百万円 (2017年3月末)
売上高 4,282百万円 (2016年度)
株主構成 日本ゼオン株式会社(東証一部上場) 100%
従業員数 186名 (2017年3月末)
本社所在地 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル
TEL 03-3216-1265 (代)
FAX 03-3216-1269 (代)
事業所 工場:富山県高岡市
取扱商品 循環器系、消化器系
自社ブランド 「XEMEX」
ZEON MEDICAL EXCELLENCE
ZEONのZを「未知への挑戦」を表すXに置換え、医療機器事業への積極的な取組の意をこめました。
歴史・沿革
当社は、高分子化学メーカーの日本ゼオン(株)の関連会社として、1990年1月1日に営業を開始致しました。日本ゼオン(株)は、自社固有技術の複合による新素材、特に生体適合材料の活用による医療機器の開発を続けてまいりました。その典型としての「補助人工心臓」は1990年1月、厚生省(当時)の製造承認を得たものであり、世界初の快挙であります。
その「補助人工心臓」の販売を行うべく「ゼオンメディカル株式会社」を同年1月から営業開始致しました。1996年7月には、輸出及び研究・開発・製造部門の運営を日本ゼオン(株)から当社に移管し、名実ともに医療機器メーカーとしての一貫体制を整えました。その後、事業分野の拡大を図っております。

1979〜1981年 東京大学から補助人工心臓の企業化要請を受け、日本ゼオン(株)研究開発センターで開発を開始。同大学及び同社で山羊実験を開始。
1982〜1989年 日大・東北大・東京女子医大を中心に研究臨床9例、臨床治験61症例実施。
1989年5月 医療機器の国内販売会社として「ゼオンメディカル(株)」を設立
1989年12月 厚生省中央薬事審議会で「補助人工心臓」製造を承認
1990年1月 「ゼオンメディカル(株)」として営業を開始
1990年5月 世界最小の体外据え置き型ペースメーカーを開発・販売
1996年7月 輸出及び研究・開発・製造部門の運営を日本ゼオン(株)から当社へ移管
2002年3月 高岡医療機器第二工場 竣工
2004年4月 ISO13485認証取得
2007年5月 メディカル研究所を高岡市へ移転
2007年11月 NPS研究会正式入会

このページのトップへ
Copyright (c) ZEON MEDICAL INC.All rights Reserved.